モンテプルチアーノ・ダルプッツォ・コッリーネ・デラマーネ -Montepulciano d’Abruzzo Colline Teramane


モンテプルチアーノ・ダルプッツォ・コッリーネ・デラマーネとは?

モンテプルチアーノ・ダルプッツォ・コッリーネ・デラマーネ(Montepulciano d'Abruzzo Colline Teramane)は、イタリア・アブルッツォ州のD.O.C.G.です。
この州を代表する日本でも多く流通するD.O.C.モンテプルチアーノ・ダルプッツォの地域の中で、テラモ県テラモ丘陸の一部の区画のみが独立してD.O.C.G.に昇格しました。

D.O.C.モンテプルチアーノ・ダルプッツォは生産量も多く、品質も生産者によって大きく異なりますが、このD.O.C.G.のワインの品質は総じて高い水準にあります。

木樽熟成が1年以上、瓶内熟成6ヶ月以上、合計2年間の熟成が義務付けられており、最低アルコール度数は12.5%以上です。
リゼルヴァタイプも有り、その場合熟成期間は3年間が必要です。



CAVE THE SELECT