あの「アーノルド・パーマー」が手掛ける白ワイン!オシャレなだけではない、実力派シャルドネを堪能しよう!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

あの「アーノルド・パーマー」が手掛ける白ワイン!オシャレなだけではない、実力派シャルドネを堪能しよう!

              
ゴルフ好きの方はもちろん、ファッション好きの方であれば、「アーノルド・パーマー」の名を耳したことがあるでしょう(むしろ、服を持っています…という方も多いはず)。

12411「アーノルド・パーマー」とは、赤、黄、白、緑の4色をバランスよく配置した傘モチーフのマークでお馴染みの世界的ブランドのひとつですが、実は…ワインも造っていたことはご存知でしょうか。今回、リッチでふくよかな味わいを楽しめる、「アーノルド・パーマー」シャルドネを紹介していきます!
             

ウェアだけではないアーノルド・パーマー!

12412プロゴルファーのアーノルドパーマー。
ゴルフ好きの方であればレジェンドの一人として記憶に残っている人物だと思いますが、ウェアをはじめ、レストランやカントリークラブのオーナーなど実業家として大成功している人物でもあります。

そんな彼が、数ある事業の中でも特に力を入れているのが、実は「ワイン事業」。
「Arnold Palmer Wines」は、カリフォルニアの有名ワイナリー「Luna Vinyards(ルナ・ヴィンヤーズ)」とのコラボレーションで2003年にスタートしたワイナリーとして話題となりました。

その品質の高さから、“遊び”では無い、というワイン造りをしていることを証明させ、世界的に高い評価を受けるワイナリーとして有名になったのです。
              

ルナ・ヴィンヤーズはイタリア系!?

アーノルド・パーマーのワイン造りを解説する前に、知っておいてほしいのが、「ルナ・ヴィンヤーズ」。1995年に設立されたワイナリーなのですが、翌年にワインメーカー兼アドバイザーとしてジョン・コングスガーというナパでもトップレベルの人間を招聘し、一気に注目の的となったカルト的なワイナリーです。

ナパと言えばボルドー品種、というイメージがあるかもしれませんが、ルナ・ヴィンヤーズはイタリア系品種に特化しながらも、アルザス品種なども手掛けます。

もちろん、有名な国際品種は扱いながら、ナパには無い面白いブレンドをしてバランスを整えるなど、比較的個性的なワイン(飲むとバランスが素晴らしいですが)を造る、これはこれで注目すべきワイナリーです。
             

アーノルド・パーマー シャルドネについて

12415                
素晴らしい経歴のアーノルド・パーマーとルナ・ヴィンヤーズがタッグを組んだワイン「アーノルド・パーマー シャルドネ」。一体、どんなワインなのかプロファイリングしていきましょう。

香りはクリーミーでマロラティック醗酵を経たシャルドネらしい、アーモンドを感じるボリューム感。やや火打石のような特徴的な香りを放ち、パイナップル、白桃、リンゴ、柑橘系など、南国系のニュアンスがベースにありながら、複雑な香りを楽しむことができます。

ハチミツを感じるフレーバーも楽しめますが、口当たりは爽やか。冷涼な地域で栽培されているシャルドネだからこそ、酸がしっかりとしているので、余韻もだれることなくスッキリしています。

できるだけ、自然の醗酵に任せた醗酵ということで、健全なシャルドネを使用していることは確かでしょう。
              

スタイリッシュなワインを楽しもう

12413              
南国を思わせる、ナパらしいシャルドネでありながら、繊細さもしっかりと感じさせる「アーノルド・パーマー シャルドネ」。ファッションブランドという一面を持っているだけにボトルもとてもオシャレですし、話題性もある、プレゼントにもおすすめの1本。飲食店さまも、お客さまとの話題にしやすい1本だと思いますので、ぜひお試しください!

                  

caveおすすめのワイン
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事