ブドウの病害について知ろう|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

豆知識

ブドウの病害について知ろう

              
ブドウ栽培農家たちは、ブドウが病害に冒されぬように心を砕きます。
人間や動物だけでなく、ブドウはカビやウイルス、寄生虫などにも好まれるようで、注意深く管理を続けないと病害によって畑が全滅してしまうこともあるのです。

ブドウは私たちが想像している以上に繊細な果物であり、無農薬または減農薬でブドウを育て上げることは大変難しい技術を要します。

ビオディナミやオーガニックワインがもてはやされている昨今、栽培農家たちのたゆまぬ努力を、飲み手側もしっかりと理解するためにも、ここでは代表的なブドウの病害についてご紹介していきます。

               

3つの代表的な病害

              
ブドウの病害にはさまざまなものがありますが、代表的な病害としては、「ベト病」、「うどんこ病」、「灰色カビ病」の3つがあります。
                 

・ベト病
Mildiou
Mildiou / Karen 21

              
ベト病は、1873年にヨーロッパで発見されたと言われています。ブドウ葉上に白い斑点が出現し、発病がひどくなると落葉します。

幼果で発病した場合、肥大が停止して白い菌糸が密生します。6月頃に発生し、8月の盛夏になると進展は停止しますが、9月以降に気温が下がると増加していきます。

一度発生すると、二次伝染を繰り返していくため、初期防除、または予防を徹底する必要があります。露地栽培は雨よけを使った栽培に比べてベト病が発生しやすい傾向があります。

硫酸銅と生石灰、水を混ぜたボルドー液の散布が効果的です。

               

・うどんこ病
↖petit #PinotMeunier  ↗jolis #PinotNoir ↙#Oïdium sur #Chardonnay ↘#nongreffé Ch fin et joli A deux mois des #vendanges +/-5j #Champagne #Tarlant #Vigneron #saison15 #depuis1687 #Marne #Marnevalley #Vignes #Oeuilly #igersreims #ma_Champagne
↖petit #PinotMeunier ↗jolis #PinotNoir ↙#Oïdium sur #Chardonnay ↘#nongreffé Ch fin et joli A deux mois des #vendanges +/-5j #Champagne #Tarlant #Vigneron #saison15 #depuis1687 #Marne #Marnevalley #Vignes #Oeuilly #igersreims #ma_Champagne / TARLANT

             
うどんこ病は、北アメリカで発生した後、1850年頃にヨーロッパに伝播したと言われています。ブドウ葉や茎、果実を白い粉末のような真菌が覆います。

うどんこ病の生育がまばらな場合、葉が灰色や紫色に変色します。感染後、果実が分裂するほか、早期に落ちることがあります。一度感染した果実から、二次感染する可能性があるので注意が必要です。

予防には、イプロジオン水和剤(ロブラール水和剤)の使用が効果的です。

           

・灰色カビ病
More clusters showing signs of Botrytis (noble rot)
More clusters showing signs of Botrytis (noble rot) / travelwitheric

             
灰色カビ病は、グレーモールド、ブリチュールグリーズなどとも呼ばれる病害です。果実だけではなく、葉や花にも灰褐色のカビが覆います。

灰色カビ病の病原菌はボトリティスシネレアと呼ばれる菌類で、菌糸が果粒表面を保護するロウ質に入り込み、水分を蒸発させていきます。通常、果実が枯れていき商品にならなくなりますが、諸条件が重なり糖度が大変高くなり、樹についた干しぶどうとなります。

ボトリティスシネレアが良い方向へ作用した場合、貴腐菌と呼ばれるようになり、貴腐ワインなど、甘口ワインの原料となります。

多湿で気温が20度~25度ほどの環境で発生しやすいとされています。

対策は、風通しを良くする、イプロジオン水和剤やカリグリーン、ダコニールなどの農薬や使用すると効果的です。

              

ウイルスによるもの

             
ブドウは、ウイルス病にも冒されやすく、約20種類ほどあると言われています。代表的なのは、斑点病やリーフロールなどです。
              

・斑点病
Bacteria = 大豆斑点細菌病
Bacteria = 大豆斑点細菌病 / JIRCAS


斑点病は、葉にねじれやシワ、斑点などが発生します。植物全体が減退する可能性があるので注意が必要です。

                

・リーフロール
Grape Leafroll virus vid2
Grape Leafroll virus vid2 / Archivos de Planeta Agronómico


リーフロールは、その名の通り葉が丸まってしまう症状ですが、赤色の斑点が現れるのも特徴です。
                    

              
比較的、欧州系の黒ブドウ品種が同ウイルス病の典型的な症状があらわれやすい、とされています。また、発病すると治療が困難であること、感染樹となるためすみやかに伐採し、ウイルスフリー苗木を受け付けることがすすめられています。

              

ピアス病

              
ブドウの病害として、ワイン好きに最も有名なのが、フィロキセラでしょう。フィロキセラは後述するとして、アメリカ大陸でそれにも勝る問題となっているのが、ウイルスによる病害の一種である、「ピアス病」です。

ピアス病菌によって引き起こされるもので、罹患した場合、数年後には完全にブドウ樹は枯死します。シャープシューターというヨコバイの仲間が、感染の媒介生物とされていますが、今のところ確実な対策が見つかっていないとされています。

冬の気温が高いことが病害拡大の条件とされていますが、ナパ、ソノマなどの重要産地で被害が拡大しており、ヨーロッパではオリーブなどの感染も報告されています。

近年、ウイルスの一種であるファージを使用した生物的対策が効果があると発見され、数年前から大塚製薬とテキサスA&M大学の共同研究が進められています。
            
               

フィロキセラ

               
Phylloxera
Phylloxera / tenfeetsquare


アブラムシの一種で、植物の根、葉に寄生したら最後、その植物を枯死させる、ブドウ樹にとって脅威的な障害です。1800年代にアメリカから持ち込まれという説が根強いですが、1800年以前には既に入ってきていたのではないか、という有識者もいるようです。

対策としては、ヴィティス・リパリアやベルランディエリなどの北米系種を台木とした接木苗を用いるのが有効とされています。

ただし、フィロキセラが持ち込まれなかったとされているチリ、フィロキセラが生息できない砂の多き土壌で造られているワインなどは、接木無しのブドウから造られるワインとして一部の消費者に人気です。

ちなみに、フィロキセラの影響を強烈に受けたフランスでありながら、接ぎ木ではなく原木のブドウの樹から作られるワインがボルドーに存在します。

ジロンド川の中洲にある、わずか24ヘクタールしかない小さな島なのですが、陸地が川によって隔てられているため、フィロキセラをはじめとする害虫に侵攻されることがありません。

このワインはカーヴでも販売していますので、一度試してみてもいいかもしれません。(商品ページはこちら
          
                

ブドウはとっても繊細な果物

12293                
数ある果物の中でも、ブドウはとても繊細な存在であることがお分かりいただけたと思います。
ここで紹介した病害のほか、晩腐病やつる割病、さび病、ファンリーフ病、えそ果病、新梢萎縮病、黒とう病、ホモプシス腐敗病など…、数えきれないほどの病気があります。

これら全ての病害をクリアできるか、となると大変ですが、栽培農家の方々はこのような繊細なブドウを厳しい自然環境の中で健全に育て上げてくれているわけです。

テロワールのついて語るのも良いですが、まずは、どんな場所であっても大切に、そして安全なブドウを届けてくれる栽培農家の方々に感謝しようではありませんか。



【ブドウの病気について知りたい方におすすめの一冊】
防除ハンドブック ブドウの病害虫


             

関連コラム

              
・ウドンコ病対策を発明した人物が高祖父に!?ローヌ最南の地が生んだ知るべき生産者「マス・デ・ブレサド」を紹介!!
            
            

caveおすすめのワイン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事