【インタビュー】白ワインは炭酸割りが美味しい!?ゲロルシュタイナーで作る「ワインショーレ」が本当に美味しいから試してほしい!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

【インタビュー】白ワインは炭酸割りが美味しい!?ゲロルシュタイナーで作る「ワインショーレ」が本当に美味しいから試してほしい!

              
近年、ハイボールが大人気です。
ウイスキーを炭酸水で割ったカジュアルな飲み方として日本全国に広がり、ほぼ市民権を得たといっても過言ではない状況となっています。

さて、一方でワインはどうでしょうか。

「ワインを炭酸水で割る?冗談じゃないよ…」と、思われる方が多いと思いますが、ドイツでは白ワインを炭酸水で割る「ワインショーレ」という飲み方が大変ポピュラーなのだそうです。
さらに、それを作る際におすすめと言われているのが、天然炭酸水としても有名なあの「ゲロルシュタイナー」
               
                 

              
今回、そんなゲロルシュタイナーを取り扱うポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社へ突撃し、飲料ブランド戦略部総合飲料グループ マネージャーの深野 雄介さんに「ワインショーレ」について聞いてきました。

「ワインショーレ」は、我々にとっては全く新しいワインの楽しみ方のひとつ。ぜひ、お楽しみください!
        

11503

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社
飲料ブランド戦略部総合飲料グループ マネージャーの深野 雄介さん

              

Q.「ワインショーレ」とは何なのでしょうか?

11506           
ワインを炭酸水で割ったものを、『ワインショーレ』といいます。
“ショーレ”自体が、炭酸割りを意味するような言葉で、現地ではリンゴジュースを炭酸水で割る、『アップルショーレ』なども有名です。『ワインショーレ』はドイツ生まれですし、大変ポピュラーな飲まれ方ですね。」

             

Q.実際、現地ではどんな感じで飲まれているのでしょうか?

11514               
「夏場を中心にですが、街中のレストランやカフェなどのメニューにも載っているほどに、現地では身近なものとなっています。
『ワインショーレ』を注文すると、デキャンタとワインボトルが提供され、お客様側が自由に割って飲む、という感じです。

以前、ドイツ出張で現地を巡ったことがあるのですが、やはりいろいろなカフェで見かけました。
また、ドイツの方はバーベキューをよくするそうなのですが、そういったシーンでも『ワインショーレ』を楽しまれているようです。」

           

Q.日本で言う、ハイボール的な存在なのでしょうかね?

              
「そうですね。そのくらい、現地ではとてもカジュアルな飲み方として浸透しています。」

            

Q.ワインショーレの作り方を教えてください!

11511           
「『ワインショーレ』自体、夏場に楽しむという飲み方ですので、ワインは6度から8度くらい、炭酸水も冷やしておいてください。そして、それを自由に割る…という感じなのですが、ワインが6に対して炭酸水が4の、6:4。または、“ごぶごぶ割り”の5:5がおすすめですね。そうすることで、ワインの華やかな香りや味わいと天然炭酸水のミネラル感をバランス良くお楽しみいただけると思います。

              

Q.注意することはありますか?

               
「氷を入れてしまうと味わいが薄まってしまうだけではなく、ミネラル分が薄まるので本来の美味しさを楽しめない可能性があります。できれば、氷は無しでお作りいただくことがおすすめです。

           

Q.ゲロルシュタイナーをおすすめする理由を教えてください!

11500           
「日本の多くの水は軟水であり、ミネラル分の含有量がやや低いんです。国産の炭酸水をお飲みになった時に、酸っぱさを感じたことはないでしょうか。
それに対してゲロルシュタイナーは、ミネラルがしっかりと入っている天然の炭酸水で、pHも6.5と中性です。そのため、酸っぱさをあまり感じず、まろやかな味わいを楽しめます。

この味わいの特徴により、『ワインショーレ』に使用した際、ただ味が薄まるのではなく、ミネラルの味わいが残るのでバランスが良くなり、美味しく感じさせます。
さらに、ゲロルシュタイナーに含まれるミネラル分がワインの酸味を際立たせ、よりフレッシュな味わいに仕上げてくれます。

一度お試しいただければ、その味わいの違いを実感していただけると思いますよ。」

           

Q.どのような白ワインがおすすめですか?

               
「ドイツのソムリエに聞いたところ、辛口から中辛口のワインで、酸味がもとから強くはない白ブドウ品種が良いとのことでした。
弊社でも提案させていただいているのですが、産地が同じドイツのリースリングやケルナーなど、こういった品種がおすすめです。」

           

Q.ドイツというと甘口ワインにも使えそうですが?

10963          
「そうですね。先日、弊社主催の展示会に出させてもらったのですが、取り扱いのドイツワインがシュペトレーゼの中甘口だったことから、そのワインで『ワインショーレ』を作り、来場者さまにお試しいただきました。
その結果、女性を中心に“美味しい!”と多くのお声をいただきましたし、自分でもスッキリと飲みやすくなっていたので、新しい発見でしたね。

ドライもいいのですが、甘口も美味しい…。そうなると、白ワインは全般的におすすめできると思います。

            

Q.赤ワインは少し厳しいでしょうか?

11056             
「試してみたのですが、渋みが強調されてしまうので、向いていないのかな…と感じました。
実際、ドイツのソムリエ協会も、炭酸水は白ワインのお供に、赤ワインは炭酸の入っていないミネラルウォーターをお供に、と提案しているんですね。炭酸水だと、赤ワインの渋みが際立ってしまうようなんです。

ただし、ロゼワインだと、渋みも穏やかですので、『ワインショーレ』としては鮮やかな色合いと共に楽しめると思います。」

          

Q.深野さんご自身が普段楽しまれている飲み方はありますか?

11510          
「個人的にリースリングが好きなので、それをゲロルシュタイナーで割って『ワインショーレ』を楽しんでいます。

ちなみに、自分はあまりお酒が強い方では無いので、購入してきたワインが半分、また3分の1ほど余ることもよくあるんです。
ビールを飲んだ後にあと一缶、という気分でも無い。とはいえ、ワインはアルコール度数が強い…。
そんな時に、『ワインショーレ』であれば、すっきり飲むことができるので、自分的には結構定番の楽しみ方になっていますね。」

            

Q.ワイン以外のお酒でもゲロルシュタイナーは使えますか?

               
「お客さまのお好みだと思うのですが、先日展示会にて焼酎をゲロルシュタイナーで割っている、という方はいらっしゃいましたね。ただ、お酒自体の味わいを純粋に味わいたい、というのであれば、国産の軟水を使った水割りが良いかもしれません。こればかりは、お客さまのお好みだと思いますよ。」

            

Q.ワインを割る...ということに抵抗がある方がいるようですが、一言あれば!

               
「まずは、一度お試しいただきたいです。
冷蔵庫の中で残ってしまったワイン、購入したがあまりお口に合わなかったワインなど、そういったワインがあれば、一度チャレンジしてみていただけると嬉しいです。

ゲロルシュタイナーで『ワインショーレ』を作る場合、決して味わいが薄まるのではなく、相乗効果が生まれるため、きっと楽しんでいただけると思います。」

            

Q.今後の展望などがあればお聞かせください!

11518            
「まずは、展示会などへの参加を通じて、お客さまに試していただける機会を増やしていければな、と考えています。
ワインがお好きな方は、食に対する興味はもちろん、良いものにはしっかりとその対価を支払う、という感度の高い方が多くいらっしゃいます。

実際、ゲロルシュタイナーもミネラルウォーターの中では少し高めな価格設定の部類に入る商品なのですが、お求めていただいているユーザーさんとワインユーザーさんが近く、親和性が高いと感じています。そういった感度の高いお客さまに、より伝えていければな、と思っています。
また、弊社取り扱いのワインとゲロルシュタイナーを組み合わせた提案を、ECショップの販売ルートで構築中です。こういった取り組みを含め、今後さまざまな形でお伝えしていければ、と考えております。」
                 
                 

取材を終えて

                
ワインは難しくない!だから、もっと自由に!もっと気軽に!と、言いながらも、炭酸で割るとなると「それは違う」という意見を持っている方は多いと思います。
しかし、ワイン大国のひとつドイツでは、そんなワインの炭酸割りである「ワインショーレ」がポピュラーなのですし、あまり頭でっかちにならなくてもいいのかな、とも思います。

今回、深野さんにご紹介いただいた「ワインショーレ」は、個人的にも非常に美味しいと感じましたし、用意したワインによって、シーンによってはアリです。
ちなみに、飲食店の方も、新しいメニュー提案のチャンス!ぜひ、遊び心からでもいいので、「ワインショーレ」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

            

関連コラム

           
・グランポレールは今年もウマい!今年も「WINE AVENUE ~ワインアベニュー」に参加しました!
              
               

ご参考

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社

ポッカサッポロ ネットショップ

                

caveおすすめのワイン
  • 「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
    「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.
ナカゴミ コウイチ

ナカゴミ コウイチ

山梨県出身、甲州ワイン育ちのフリーライターです。
ラジオ関係、ファッション関係のライティングをしながら、大好きなワインのお仕事も精力的に行っています。
ワインは日常的に楽しむ飲み物であるということを広く伝えて行くために活動を続けています。

関連記事