エアステス・ゲヴェックス -Erstes Gewachs


エアステス・ゲヴェックスとは?

エアステス・ゲヴェックス(Erstes Gewachs)とは、ドイツのラインガウで新しく導入されたグラン・クリュシステムとも呼べる辛口ワインの品質評価システムです。

ドイツでは、古来より収穫時のぶどうの糖度がワインの品質評価の大きな基準でした。
しかし、この方法では、例えば最上級の畑で採れたアウスレーゼも、一般的な畑のアウスレーゼもラベルを見るだけではどちらが優れているかを判断することは難しいです。

区画ベースで品質を評価

そこで誕生したのがこのエアステス・ゲヴェックスです。
このシステムでは、あくまで区画ベースで品質を評価し、より本来的な基準でワインが格付けされます。
あくまでラウンガウ地域だけが対象の格付けですが、他の地域でも「グローセス・ゲヴェックス」としてこの新しい基準が広がりを見せています。



CAVE THE SELECT