ドイツのスパークリングワイン


ドイツではスパークリングワインも盛ん

ドイツでは、その冷涼な地域という特性から発泡性ワインの生産も盛んです。
ドイツでのスパークリングワインの生産方法は、トランスファー方式、シャルマ方式、トラディショナル方式(シャンパーニュ方式)の3タイプが主流です。

但し、トラディショナル方式を用いた場合でも「シャンパーニュ方式」と表記することは認められていません。

ドイツ独自の呼び方

世界的にシャンパーニュ方式として有名な「トラディショナル方式」ですが、ドイツでは独自の名前がついており、この名前の長さはもうわざと覚えにくくしているとではないかと思うほどです。

ドイツにおいては、「フラッシェンゲールング・ナッハ・デム・トラディショネレン・フェアファーレン方式」と表示することになっています。

ドイツのスパークリングワインの種類

ドイツにおけるスパークリングワインのタイプを指す用語は、大きく5つあります。
ここでは1つ1つの特徴を抑えておきましょう。

【ドイツのスパークリングワインの種類】
・シャウムヴァイン
・ゼクト
・ドイチャー・ゼクト
・ドイチャー・ゼクト・べー・アー
・パールヴァイン



CAVE THE SELECT